結婚式で赤字は普通!?お金をかけずに絆を深める親族だけの結婚式はいかが?

ご祝儀三万円では足りない!結婚式の意外なコスト

「ご祝儀は三万円」はもはや常識と言われていますよね。しかしゲストにとっては三万円と言えば結構な出費です。それに加えてネイル、ヘアセット、クリーニング、交通費も加えれば、場合によっては十万円近く掛かってしまうこともあります。こうした事情もあって、本音では「三万円も出して結婚式に呼ばれたくない」と感じているゲストもいるようです。
ではこの三万円がそのまま新郎新婦の懐に入るかというとそんなことはありません。実はゲスト一人につきフルコース代やギフト代でご祝儀は殆ど使い果たしてしまうのです。それに加えて遠方から来てくれるゲストにはお車代(新幹線等の交通費)を出さなくてはならないので、ゲストを呼ぶということは新郎新婦にとって思いの他負担になるのです。
もしこうした気遣いの余裕がない!と思うのであれば、親族のみで行う式をオススメします。

親族だけの結婚式にメリットはある?

結婚式を挙げる上でまず始めに気がかりなのが「誰を呼んで誰を呼ばないか」という問題です。もし呼ばれなかった友人知人がそれを良く思わなかったとしたら、今後の人間関係に障りますよね。そして「お車代を出すか、出さないか、いくら出すか」という問題もあります。かなりの遠方から泊りがけで来てくれているのにお車代も出さなかったとなれば、新郎新婦の常識を疑われてしまうかもしれません。
しかしそんな悩みも親族だけの式なら不要です。ゲストを親族に限定してしまえば迷う必要はありません。お車代もグッと抑えることができるはずです。それだけでなく飲食代やギフト代もそれほど掛かりません。本来であれば多くのゲストと写真を撮ったりキャンドルを廻したりするなどの手間で膨大にかかる時間が節約されるので、ご高齢の親族も安心して式に出ることが可能です。
このように、親族だけの結婚式には金銭的・精神的に様々なメリットがあります。

出来れば家族や少しの友達だけで結婚式を挙げたいと考えてるカップル必見です。少人数の披露宴を知って自分たちだけのスタイルで結婚式を挙げましょう。

© Copyright Relative-ship Marriage. All Rights Reserved.